蜑阪∈
谺。縺ク

余分な食器を処分するときに検討すべき事項

食器はないと困りますが、過剰にあるのも収納場所がなくて困ります。
普段の日常生活で使う食器は限られているものですが、来客用に備えていい食器を取りそろえたりしています。
しかし、そのほかにも、贈答品や結婚式の引き出物としていただいたブランド品は意外と押し入れなどに眠っています。
こういったものは、箱に入ったまま、場合によっては包装紙もそのままにした状態でしまわれがちで、引越などをきっかけに出てきます。
趣味で集めているアンティーク食器も引越をきっかけに処分するかどうかを考えてしまう傾向にあります。
いつか使うだろうと考えてとっていても、そのいつかは到来することは希です。
捨てることは簡単ですが、せっかくの高級食器をゴミにしてしまうのはもったいないので、食器買取専門業者やリサイクルセンターに売却することが得策です。
買い取りをお願いするときは、使用済みだと値がつかない場合もありますので、包装紙をしたままでしまっておいたことが高値買い取りにつながります。

Page Top